アクセスマップ

泉北エリア

新金岡センター保育園

みちばち保育園

おおぞら保育園

つぼみ保育園

北摂エリア

おひさま保育園

おひさま岡町保育園

瀬川保育園

箕面保育園

各機能のテストページ

コメント欄の挿入

おまじない#comment

リンク

aname

設置した場所にアンカーを付けます。リンクで特定の場所へ飛ばしたい時に使います。
使い方

*ID* には英数字で他と重複しないように名前を付けます
&aname(): Invalid ID string: *ID*;

アンカー設置の例
&aname(whats_new);

アンカーへのページ内リンク
更新情報>#whats_new?

アンカーへの他ページからのリンク
更新情報>ページ名#whats_new?

アコーディオンの中に画像を配置してみました。

画像の回り込み

#show(画像,aroundr,画像の説明)
画像は右(right)に配置されます
ここに書いた文章が左に回り込みます
#clear


#show(画像,aroundl,画像の説明)
画像は左(left)に配置されます
ここに書いた文章が右に回り込みます
#clear
(この書式をコピペする場合は「&」や「#」は半角に変えること。)

ペンギン

ここに文章。ここに文章。ここに文章。
ここに文章。ここに文章。ここに文章。
ここに文章。ここに文章。ここに文章。

コアラ

ここに文章。ここに文章。ここに文章。
ここに文章。ここに文章。
ここに文章。ここに文章。
ここに文章。ここに文章。ここに文章。

コアラ

ここに文章。


パネル(panel)

使い方1
見出しがある枠を表示します。====は見出しと内容の区切り線です。

 #panel{{
 * 見出し
 ====

 内容

 }}
}}]

     ↓ 

#panel{{
* 見出し
====

内容

使い方2
見出しとフッターがある枠を表示します。

#panel{{
* 見出し
====

内容

====
フッター
}}

   ↓
見出しとフッターがある枠を表示します。

見出し

内容

使い方3

見出しは無く、フッターがある枠を表示します。

 #panel(notitle){{

 内容

 ====
 フッター
 }}

 //枠や見出しの色を変える
 //色タイプは下記の表を参照してください
 #panel(*色タイプ*){{
 * 見出し
 ====

 内容

 }}

 ↓

内容

見出し

内容

色タイプ

名前説明
primary青い枠を表示します
info水色の枠を表示します
success緑色の枠を表示します
warning黄色の枠を表示します
danger赤色の枠を表示します

html

HTMLを貼り付けることができます。
使い方
html{{
HTMLコード
}}

検索(サイト内) search

検索フォームを設置します。
使い方(レスポンシブに対応しない)

#search

#contents

ページの目次を表示します。
大見出しと見出し1、見出し2、見出し3(h1〜h4)をそれぞれ階層表示します。 アイキャッチ内の見出しは表示されません。
使い方1

#contents

使い方2

#contents(オプション)

メニューに設置する使い方

メニューに設置も可能です。 メニューは横幅が限られているため、左の余白が邪魔な場合、 flat オプションが便利です。

#contents(flat)

ナビに設置する使い方

ナビに設置する際は nav あるいは navright オプションを使います。

#contents(nav)

  • オプション
    オプション 説明
    flat 全て同階層の目次を表示します
    nav
    navright ナビに最適な表示にします。 navright は右寄せにします
    数値-数値 例)3-4 表示する階層の範囲を指定します。
    大見出しは階層1、見出し3は階層4です。
    html 目次に対象の見出しの内容をそのまま使います
    文字列 例)Table of Contents 目次に指定したタイトルを付けます
    progress_bar (Progress Bar)

プログレスバーを表示します。
使い方1

80% Complete
50% Complete
100% Complete

使い方2(スタック)

100% Complete

色タイプ*

名前 説明
primary 青いバーを表示します
info 水色のバーを表示します
success 緑色のバーを表示します
warning 黄色のバーを表示します
danger 赤色のバーを表示します

オプション*

オプション 説明
stripe 斜線の入ったバーを表示します
active バーをアニメーションさせます
latency バーの塗りつぶしを遅延させます。

gmap

東京都庁
とても人が多いです。

Google map を表示します
使い方(標準)

タイトル
説明

使い方(複数の指定)
#gmap{{
”住所”,タイトル,説明
”住所”,タイトル,説明
”住所”,タイトル,説明

}}

#gmap{{
住所,タイトル,説明,経度,緯度
}}

使い方(オプションを指定)

#gmap(*オプション*){{
住所,タイトル,説明
}}

オプション*

オプション デフォルト 説明
数値 例)200 300 高さの指定です。横幅は、100%で表示されます。
zoom=* (例:15 13 最小値は0です。最大値は固定されていません。
数値x数値 (例:300×200 * 横×高さです。pxで指定します。
none hide * リストを表示しません。
after * リスト地図の下に表示します。
before * リスト地図の上に表示します。

&show(画像,popup,lighter,画像の説明);
cherry-blossom-seamless-background-1983

&show(画像,pola,lighter,画像の説明);
cherry-blossom-seamless-background-1983

&show(画像,通常,画像の説明);

cherry-blossom-seamless-background-1983

scrollup

ウィンドウの右下にトップに移動する上矢印を表示します。
使い方(標準)

#scrollup
#scrollup

CA3C0006.jpg

名前
役職

ここに人物紹介。サイズ30%
ここに人物紹介。ここに人物紹介。

CA3C0006.jpg

名前
役職

ここに人物紹介。サイズ40%
ここに人物紹介。ここに人物紹介。

CA3C0006.jpg

名前
役職

ここに人物紹介。原寸
ここに人物紹介。ここに人物紹介。

cssのスタイル

 <style type="text/css">
 <!--
 (ここにCSS)
 -->
 </style>

フッターの背景色変更は、head内へのCSS指定で可能です。
以下のCSSを記述してください。

.footer {background-color: 色指定;}


文字サイズの変更
編集→ 設定→ 高度な設定→<head>内のタグの 編集画面で下記を記入。

style type="text/css">
<!--
body {
font-size:16px;
}
-->
</style>

ホームアイコン

ここに見出し

強調したい内容などを書く

カラーは#~~から希望の色を選ぶ。

###強調したい文字###

強調したい文字

テーブル

見出しここに内容を書く
見出しここに内容を書く
見出しここに内容を書く
見出しここに内容を書く

ストライプ

見出しここに内容を書く
見出しここに内容を書く
見出しここに内容を書く
見出しここに内容を書く

メニュー
メニュー
メニュー
メニュー
メニュー
メニュー

%%%強調したい文字%%%
  ↓
強調したい文字

スライドショー


youtube動画は再生できるがflashは不可

この動画はswfをmp4に変換したものです。

背景色のある枠です。#box(12,alert,info,){{ }}

スクロールボックス

スクロールボックス #box(8,,height=150)

スクロールボックス
スクロールボックス
スクロールボックス
スクロールボックス
スクロールボックス
スクロールボックス
スクロールボックス
スクロールボックス


スクロールボックス #box(6,,info,height=150)

スクロールボックス
スクロールボックス
スクロールボックス
スクロールボックス
スクロールボックス
スクロールボックス
スクロールボックス
スクロールボックス


googleマップの設置が簡単・便利になった。

大阪駅
ここに説明
堺市
ここに説明
京都市
ここに説明

※タイトルをクリックで移動

おまじない

#box(12,panel,default,){{
#gmap(400x300,,zoom=13){{
"大阪駅",大阪駅,ここに説明
"堺市",堺市,ここに説明
"京都市",京都市,ここに説明

ボタンの色指定

ボタンの色はカラーコードや「red」などは使えません。
各色と色指定文字は以下のとおりです。

リンクボタンの色

ボタンのサイズ指定

ボタンの色の後に「large」「default(省略時)」「small」「mini」を入れることで、
ボタンのサイズを変更できます。

HOMEに戻る

↓↓

HOMEに戻る

↓↓

HOMEに戻る

また、本文部幅いっぱいに表示するものもありました。

&button(FrontPage,theme,block){HOMEに戻る};
HOMEに戻る